オーダー家具 · 2019/06/21
お客様と南青山へ家具を選びに行きました。たくさん展示してある中から、好みの形を選び、決まったら、張地を選ぶ。既に決まっているカーテン生地や床の色と合わせたりして、この日は、三人掛けのソファーとダイニングチェア4脚とスツールふたつ決めました。 仕上がりは一か月後、楽しみです。
インテリアのこと · 2019/06/21
6月初め、ウイリアムモリスの展示会へ行ってきました。イギリス、サンダーソン社が所蔵する実物のモリスの壁紙や版木を見てきました。...

カーテン · 2019/06/21
20代のお若いご夫婦の新築リビングです。ご予算は10万円。花柄のカーテンにしたいと言う奥様と、全部花柄はイヤと言うご主人。 この総刺繍の花柄をとても気に入ってくれた奥様、しかしこの生地とっても高くて、一間の窓のカーテンを作ったら一窓で10万超えて...
クッション等小物 · 2018/03/30
桜も満開になり、急に暖かくなり、春が来ました。 インテリアも衣替えすると気分も上がり、楽しいですよ。 クッションにフリルを付けたり、フレンジを付けたり、色の組み合わせを考えたり、 カーテンよりも冒険が出来るので、好みの生地で好きなように作って並べるだけで楽しくなります。 インテリアにも季節を取り入れてみましょ(#^.^#)

インテリアのこと · 2018/03/20
4月から小学生、中学生になるお子様をお持ちのお母様お父様。 子供達から『自分の部屋が欲しー』とせがまれてませんか? 使っていなかったお部屋も、壁紙を一面変えるだけ、カーテンを変えるだけ、小物を合わせて取り入れるだけで お友達も羨むような素敵なお部屋になります。...
カーペット · 2018/03/10
施工中の現場の写真です。床の材料は何種類かあり、最近よく出るのは、本物かビニールか触ってみないと分からない程よく出来ている木目調のビニール素材の床材です。今までビニール素材の床材は、店舗や洗面所や廊下にしか選ばれなかったのに、フローリングと見間違える程の出来栄えにリビングに選ばれる方もとっても多くなりました。メリットは、メンテナンスが楽なのと材料費がお安いという点かな、ペットや小さいお子様がいるお宅には特に多く選んで頂きます。 しかし、、、、 わたくしは、ウールのカーペットを床の端から端までしっかりと固定する(フエルトグリッパー施工といいます) お部屋にいるのが一番好きです。高級感はフローリングにも勝ります。最近は、フエルトグリッパー施工が出来る職人さんも減ってきましたが、当社は全員出来ますよ。子供達がもう少し大きくなったら、リビング全部をウールのカーペットで敷き詰めるのが夢です(^_^;)

カーテン · 2018/02/26
ピクチャーレール取付は、戸建てよりも断然マンションの方が多いです。 下地によっては、一本取付するのに1時間かかるときもあり、ほとんどの場合、エレベーターを使えないので 外階段で上がったりします。 昨日もカーテンと一緒にピクチャーレール4M2本の取付がありました。 いい運動になります(^_^;)
カーテン · 2018/02/15
冬の現場は辛いです。 クロスも固くなるし、水が冷たくて、手もかじかむし。 作業は夏の方が断然いいそうです。 それは、内装やだけでなく、「暖かくなってからにした方がいいよ」と、外壁の塗装屋さんも言ってました。 弊社は、1階が事務所と倉庫とショールームになっております。春には外壁塗装に入る予定です。

2018年 年女です(+o+)お正月は、箱根駅伝を応援し、近いのですが湯河原へ一泊してきました。 ハウスインテリアは8日からスタートいたしました。本年もよろしくお願いいたします。 昨年末は、小田原市だけチラシを入れさせて頂きました。 まだ打ち合わせが終わっていないお客様もいらっしゃいますが、おまちくださいませ。 私の、新年始めのお仕事は、...
インテリアのこと · 2017/12/18
毎年横浜山手の西洋館を舞台に行われる「世界のクリスマス」へ行ってきました。プラフ18番館から始まり、外交官の家、ベーリックホール、エリスマン邸、イギリス館など、8か所の素晴らしい西洋館。それだけ見学するだけでも見どころ満載なのですが、各西洋館が、フランス、アメリカ、オランダ、ルーマニア、イギリス、デンマーク、ドイツ、ガーナとテーマを決めて、それに沿って洋館全てをクリスマスインテリアにしてあるのです。もう女子にはたまらない企画でしょう。それに、毎年コーディネートが変わるので毎年見ても楽しいし、夜のイルミネーションは見たことありませんがきっと何倍も素晴らしいのではないかと思われます。全部見ても無料です。 今回はインテリアコーディネーターの荒井詩万さんとご一緒させて頂きました。 6月には、生花のアレンジメントやテーブルコーディネートがまた見所満載ということです。楽しみ。 12月は毎年、打ち合わせと現場で目まぐるしく過ぎていきますので、息抜きできて幸せな時間を過ごすことが出来ました。 残り10日頑張っていきます。

さらに表示する